「S・K、お前、くせーよ。皆ここで寝泊まりしてるんだから外部で吸ってくれ。以下まで匂って生じるんだよ」
 M・TはS・Kに向かって吐き脱ぎ捨てるように言い放つとまたホールを出て行った。
 それと共々S・Kは真下に置いてあった洗濯カゴを蹴り上げた。カゴはいっきにホールの限界に当たって乱雑な調音を立てて落下した。
「悪かったな、チキショー!」
 共に特典無し。労い無し。危ない先ぶれです。幾らかの沈黙が流れた。
「S・K、やっぱ一本貰って素晴らしい?」
「A・I君、原則吸うんすか」
 いつかまた誰かにバレたらS・K共に説教ホール往きが確定するが、この際とっくに放置です。M・Tも、しばしは戻って欠けるだろう。S・Kは方がどうこうと言うよりもT・Mのように道場の手狭さに腹が立っているのだろう。これが連合人生のプレッシャーというグッズなのだろうか。
「見てよコレ。マメが潰れちゃった」
「僕も。ホラ」
 私達はお互いの手の平をおごりげに広げてひけらかし当てはまる。キレイモ 料金